二次会でもそのままウエディングドレスを着用しよう

二次会のドレス

二次会ドレスの相場とは

二次会ドレスはどのような二次会を行うかによりかなり相場が変わってきます。例えば、大規模な披露宴を行うので二次会は親しい友人だけで行いたい場合は、花嫁の二次会ドレスはそんなにお金をかけたものでなくてもいいでしょう、結婚式や披露宴を親族だけで行い、二次会でたくさん友人を呼んで披露宴に近いものにするつもりなら、二次会ドレスも少しお金をかけた白いドレスを着たいと考える花嫁もいらっしゃるでしょう。 また、二次会ドレスを結婚式と同じものを着用するとしても、花嫁の髪型やアクセサリーを変えたり、ドレスに少しサッシュを巻くなどの工夫をすることによって、がらっとイメージを変えることもできます。 どのような方法が自分たちに一番あっているのかよく考えて決定しましょう。

二次会を楽しめるドレスを選びましょう

二次会ドレスに求められることは、まず花嫁が歩きやすいことです。そのためには二次会ドレスの裾は短いほうが得策です。披露宴と違って、二次会では花嫁もイベントに参加したり、ゲストのところまで話にいくこともあるため、裾が短く動きやすいほうが二次会を楽しむことができます。さらに二次会会場は披露宴会場と比較して狭いことも多いため、ドレスの裾が邪魔になってしまうこともよくあります。 また、二次会ドレスは格式ばったものでなくても大丈夫ですので、花嫁が結婚式や披露宴では着れなかった色のドレスや、ミニ丈のドレスも着ることができます。もし本当は結婚式で着たかった着れなったドレスがあれば、思い残しのないように二次会で着ることもひとつの方法です。