二次会でもそのままウエディングドレスを着用しよう

二次会のドレス

結婚式の二次会に参加する際、ドレス選びに困ってしまうこともあります。ドレスを選ぶ際に気をつけなければならないポイントが様々ありますので、把握した上でドレスを選びましょう。

二次会でもドレスを

費用を抑えた結婚式にしたい。その希望に応えられるのがフォトウェディングです。希望のロケーションで撮影を行なうことが出来るので人気ですよ。

和装で結婚写真を写しませんか?こちらの会社では撮影後に家族で会食できるプランも用意しているのでプチ結婚式が行えます。

二次会ドレスとして使用できるウエディングドレスが人気です。

花嫁が結婚式に着用するウエディングドレスを二次会ドレスとしても利用する人が増えています。二次会ドレスとしても使用できればレンタルでも購入でも一枚で対応できるので費用の削減になることが大きな理由と言えます。近年、身内や友人だけの少人数の挙式披露宴がトレンドになっています。アットホームな会場が多いため、花嫁にはウエディングドレスもスレンダーラインやマーメイドラインのシンプルなデザインが人気です。シンプルなデザインであれば二次会ドレスとしてボレロなどを羽織ってイメージを変えた上で着用することが可能なのです。ブライダルショップなどのドレスも二次会ドレスとして使えるような花嫁の衣装が豊富なので気軽に相談すると良いでしょう。

追加費用はそんなに必要ありません。

近年、花嫁が二次会ドレスでも使用できるデザインのウエディングドレスが増えています。ブライダルショップのウエディングドレスも、ちょっとしたアレンジを加えて、二次会に使用できる衣装が豊富です。帽子やボレロ、アクセサリーを変えたり、豪華なドレープを外すことでシンプルなデザインのドレスに変えたりすることができます。帽子やボレロ、アクセサリーをレンタルするためには追加料金が発生しますが、高くても数万円で済むので、もう一枚、二次会ドレスをレンタルするよりも、かなりリーズナブルと言えます。ドレープを外すだけであれば追加料金は必要ないので、選択するウエディングドレスのデザインによっては大きな費用の削減に繋がります。

締め付けない服装を

身体を締め付けないものにマタニティドレスが存在します。マタニティドレスの特徴は締め付けがないことで、お腹が大きくなってもゆったりとした服装を着用することが可能です。

ドレスを借りよう

レンタルでウェディングドレスを準備する場合には、結婚式の会場施設から借りる方法と、貸衣装専門店から借りる方法があります。価格や扱っているドレスの種類が違うため、それぞれどういったドレスがあるかを確認しておきましょう。

結婚式のドレス

ウェディングドレスは、新婦のスタイルをより魅力的に見せる工夫が散りばめられています。披露宴会場の雰囲気に合わせて、失敗の無いウェディングドレス選びが出来るようにしましょう。

レンタルのドレス

ウェディングドレスをレンタルすることで、出費を抑える事ができます。レンタルする際には、ドレスだけでなく、ネックレスやイヤリング、ティアラ、花飾りなども忘れずに用意しましょう。